2010/02/25

暖かい<暑い

道草館の窓から外にある温度計を見ると12時現在の気温12.4℃です。
今週月曜日(22日)の最低気温がマイナス15℃だったので気温差はなんと20度以上!

うっかりいつもどおりの服装でいると、暖かいを通り越して暑く感じ、すこし動いただけで汗がでてしまいます。

いつもはサラサラの東川の雪もこうなってはどんどん溶けてゆき、道路は小川のような雪融け水がサラサラと(?!)流れ、脇にはくるぶしまで浸かりそうな水たまりもあります。

歩行者の方は勢いよくその水溜りに突っ込んでくる車にご注意くださいね。そして運転手の方も気配りをどうぞお忘れなく。

先日東川町の株主についてのご紹介をしました。

株主特典の追加情報ですが、こちら道草館では株主優待としてソフトクリーム「きらり」を50円割引の250円にてご提供しています。

株主の方は株主証をお持ちくださいね!


もうひとつ道草館の情報として、現在コミュニティーホールは町内の注文家具工房「アール工房」さんが3月中旬までショールームとして利用しています。

東川町の幼児センター(幼保一元化施設)では子供たちの使用する机・椅子は町内の工房で作られたものを利用しており、1歳・0歳クラスで使用しているものはアール工房さんで製作しています。

これが機能・デザインともに優れており、そんな素敵な机でご飯が食べられる子供たちがうらやましいです。

その机・椅子のセットは一般に販売もしているそうなので、ご興味がある方はまず道草館にお越しいただいてご覧になって下さい。

2010/02/22

春からの旅行計画①

航空会社によっては6月末までの予約受付も始まったせいか、このところゴールデンウィーク以降の旭岳周辺情報へのお問合せを多くいただいております。
そこで旅行を計画をされる際に参考になる情報をいくつかご紹介させていただきます。

まずは今年の旭岳の山開きは6月19日を予定しており、当日は山のまつりも同時に開催されますのでこのお祭りに参加なさってはいかがでしょうか?

今シーズンの登山の無事を祈るとともに、アイヌの伝統儀式である「ヌプイコロカムイノミ」が開催され、山の無事故を祈って舞踊などが披露されます。


このお祭に前後して旭岳ロープウエー始発駅の山麓駅近くの植栽地では「チシマザクラ」が咲き始めます。

「チシマザクラ」は日本で一番最後に咲く桜として知られていますが、その中でも最も遅く咲く場所がこの旭岳だといわれています。
ソメイヨシノほど華やかではありませんが、標高1,100m近くの高地に咲く可憐な花に心が洗われます。

旭岳温泉周辺は5月中旬が新緑の時期にあたり、早春の花々や淡く色づく木々の春紅葉と呼ばれる光景も見られます。植物の多様性を感じられる特別な時期でもあります。

そして7月になれば高山植物が一気に咲き始め、自然散策コース(旭岳温泉自然探勝路)では20~30種類の花が見られます。このコースは「ナキウサギ」や野鳥の声が聞こえることから「残したい日本の音風景百選」に選ばれています。

ただしこの花々は林間にひっそりと咲いているので、時間をかけて探しながらハイキングをすることをオススメいたします。
【旭岳・天人峡草花情報】

旭岳ビジターセンターではご希望の方には参加費300円(保険込)にて30分から1時間ほどかけた自然観察会やガイドを行っております。(状況によっては対応できないこともあります)
お時間に余裕のない方はぜひこちらでアドバイスを受けてくださいね。

また計画段階で旭岳周辺情報と登山について詳細をお知りになりたい方はビジターセンター宛にご連絡ください。
TEL: 0166-97-2153  Email: visitor.center@town.higashikawa.hokkaido.jp

2010/02/19

クラフト街道にようこそ①

東川町はカナダのアルバータ州にある「キャンモア町」と姉妹都市提携をしています。
そのキャンモアの名前からとったキャンモアスキーリゾートはこの「道草館」から車で5分の場所にあります。

このところ毎日のように近郊の小学校から小学生たちがスキー実習にやってきており、大にぎわいをみせています。

そのキャンモアスキー場のある「キトウシ森林公園」を基点にた素敵な並木の街道は「クラフト街道」と呼ばれています。

クラフト街道にはクラフト作家、陶芸家、写真家の方などがギャラリーを構えており、個性的でおしゃれな建物が見られることからテレビや雑誌で取り上げることも少なくはありません。

クラフト街道に向かう途中の道路沿いには木製の看板が立っていますので、それを目印に向かって下さい。

まずはキトウシ森林公園内の「富山神社」の鳥居を過ぎて、急な坂を登ったところには美しい白樺並木が続いて絶好の撮影ポイントです。

なおここは通常は車の通行も少ないのですが、車を止めて撮影をされる場合はくれぐれもご注意くださいね。

その白樺並木を抜けると今は雪に埋もれて見えにくいのですが、実はブドウ畑があるのです。このブドウ畑ではワイン用のぶどうを造っています。


クラフト街道にあるギャラリーの中では自分自身で工作を体験できる場所もあります。

そのギャラリーのひとつに木象嵌(もくぞうがん)という木目を上手に利用しはめ込んで一枚の絵を製作する工房があり、今回はその「北の象嵌ギャラリー」相和工房をご紹介します。

この体験は約2時間ほどで一枚の自分の作品を完成させるものです。下絵に沿ってカッターを使って絵を切り抜いていきます。

子供のころの工作を思い出しつつ、じっと手元に集中しながらシートを切っていきます。

木目の方向によって作品に味が出てくるので、いろんな組み合わせが出来てなかなか奥が深いのです。

冬といえばウィンタースポーツと思いがちですが、こうやって屋内で過ごす楽しみもたくさんあります。
陶芸や絵付け、写真家の方と現像を体験するコースなどもありますよ。

2月中であれば無料でモニター体験もできます。
詳細はこちらまでお問合せください。
「ひがしかわDe感動体験事務局」 TEL0166-82-0800

2010/02/16

ひがしかわから、ガンバレ、ニッポン!

2010年2月12日からバンクーバーオリンピックが始まり、テレビのライブ中継を見て寝不足だという方もいるのではないでしょうか?

冬季オリンピックの競技での中でもノルディック距離・複合については、ナショナルチームが旭岳のコースで練習していることもあって、応援には特に熱が入ります。

かつてはリレハンメルオリンピックのノルディック複合で金メダルを取った荻原健司さんも旭岳でトレーニングをしていました。

旭岳はシーズンが長いこと、雪質がよいこと、コースが整っていることから「クロカンの聖地」と呼ばれています。
毎年12月にはナショナルチームのみならず日本全国からジュニアの強化選手や大学の体育会クロスカントリー部などがやってきており、ピーク時には約400人ほどの選手が集まりコースを疾走しています。

今回のオリンピックには夏見 円(なつみ まどか)選手、石田 正子(いしだ まさこ)選手が出場しており、「道草館」にも垂れ幕をさげて応援しています。

夏見選手・石田選手の競技スケジュールはこちらです。
2月18日 女子スプリント
2月20日 女子距離複合
2月23日 女子団体スプリント
2月26日 女子20kmリレー
2月28日 女子30kmクラシカル

両選手とも実力があるのに加え、さわやかな笑顔が印象的な美貌も兼ね備えており、走る姿の美しさには見とれてしまいます。

垂れ幕にもあるとおり、もう1名スノーボードの代表として竹内智香選手も忘れてはいけません。

先日NHKで特集が組まれていたのをご覧になった方もいるかもしれませんが、現在はスイスに活動拠点を移し、ナショナルチームと一緒にトレーニングをしています。

竹内選手は幼少のころに「道草館」から車で5分のキャンモアスキー場で練習をしていたのです。
昨季のワールドカップでは種目別第3位を獲得しており、今回のメダルも夢ではありませんね!

竹内選手の競技スケジュールはこちらです。
2月27日 女子パラレル大回転

がんばれ、ニッポン!

2010/02/14

Happy Valentine's Day!

今日はバレンタインデーですね。
この道の駅「道草館」では本日お買い物をしていただいた方に、チロルチョコレートを1つお贈りしています。
小さいチョコではありますが、日ごろの感謝の気持ちをぎっしり詰め込んでお渡しします!

冬の期間に各地で開催されるお祭りも今がピークで、テレビやラジオでその様子をご覧になった方も多いことでしょう。
札幌の雪祭りは今年はこれまで最高の人出を記録したとありました。

この道草館から車で1時間30分ほどのところにある層雲峡温泉では現在は氷爆まつりが開催されており、国内外から多くの方が訪れています。

このお祭りでは地元の方々がホースで丹念に水を撒いて造った大きな氷のドームや柱を見ることができます。

ドームの中はまるで鍾乳洞のようにつららが連なって幻想的です。

旭岳温泉でも宿泊施設やビジターセンターの屋根から見た事のないようなつららが下がっています。
こちらはもちろん自然にできたもので、2メートルを超えるものも多く見られ、それが連なっているのを見ると思わず「おおーっ」と感嘆の声がでます。

芸術作品だと言っても過言ではないほどで、大きな自然のパワーを感じます。

屋根から垂れ下がっているものは迫力があって圧倒されますが、くれぐれもその真下でゆっくりしたりはせず、遠くから眺めてくださいね。





2010/02/11

ほっと♪ショコラをめしあがれ

今日のひがしかわはお天気がよく、日差しが雪に反射してまぶしい休日になっています。

この冬の期間限定で「空港-道草館-動物園」間を運行していたコミュニティバス「道草号」も本日が最終日となりました。

かわいらしい姿で人気者だったバスもこの今日の日差しでキラキラと輝いて、有終の美を飾っています。

道の駅ひがしかわ「道草館」ではこの冬の限定商品として「ホットショコラ」が本日から発売されました。

実はこのホットショコラはただものではないのです!

クーベルチュールという国際規格にて選定された上質なチョコレートを使用し、そのチョコが新鮮なホットミルクでとろけた状態にさらに生クリームが乗っているという、なんとも贅沢な飲み物なのです。

今回はフランス産とベルギー産のチョコレートを特別にブレンドしたもので、それに合わせるミルクやトッピングについても割合やバランスを考えて何度も試作をし最終的に決定したものです。

この寒い時期にわざわざ足を運んでくださるお客様のために、この贅沢な飲み物を特別に1杯250円で提供させていただきます。

この冬は冷えた体といっしょにハートもあったかくなる「ホットショコラ」を飲みにぜひ「道草館」来て下さいね!

2010/02/08

スノーモービルで冬の森へ

ウィンタースポーツといえばスキーやスノーボード、スノーシューでの散策などがありますが、アクティブ派の方はぜひスノーモービルを体験してください。
スノーモービルは前面にスキー板のようなものが2枚ついており、後ろにはベルトがぐるぐると回って雪の上を進んでいく乗り物です。
ギアなどはなく、アクセルボタンとブレーキのみのシンプルな操作なので、まったくの初心者でも落ち着いて速度をコントロールしていけばすぐに運転できる乗り物です。

このひがしかわでは森林を走り抜ける素敵なコースがあり、そこは冬の期間は人が立ち入らない場所でもあるため、まさに自然をひとりじめした気分を味わうことができます。

人は立ち入らないのですが、森の住人である動物たちは雪の上を歩きまわっています。
動物たちは夜間に行動していることが多いので、昼間にご対面することはあまりないのですが、あちらこちらで彼らが動きまわった足跡を見ることができます。

偶然見つけたこの足跡は歩幅が違うのでキツネと鹿ではないかと推測できます。
走行途中にスノーモービルを止めて、こうして自然観測ができるのも森林コースならではの楽しみです。

スノーモービル自体は原付バイクと同じぐらいの速度が出ますが、この森林コースは時速20キロぐらいで周りの景色を楽しみながらゆっくり進むのがオススメです。

森の中を抜ける小道を進み、大自然に囲まれて神秘的な雪景色と対面してください。

いつも見慣れている雪も、そびえ立つ針葉樹の並木や白樺の枝に積もった芸術的な模様の美しさで感動することでしょう。

長い冬はちょうど折り返し地点になりました。
残された冬を楽しみましょうね!

2010/02/03

契約農家のオーナーになりませんか?

東川町には「写真の町」ひがしかわ株主制度というものがあります。
これは東川町が行っているプロジェクトに投資(寄付)し、株主として応援していこうという制度で、日本全国から655人(2010年1月30日現在)の投資家の方に参加していただいています。

現在投資対象のプロジェクトはこの5つです。
・写真の町整備事業
・オーナーズハウス建設事業
・オリンピック選手育成事業
・水と環境を守る森づくり事業
・自然散策路整備事業
詳細はこちらから
http://town.higashikawa.hokkaido.jp/kabunushi/about.htm


投資というとちょっと近寄りがたいようなイメージがありますが、ひがしかわ株主制度は一口1,000円から参加することができます。
もちろん投資の株数に応じた株主優待制度を受けられます。

そして平成22年度はさらに株主限定企画として、「ひがしかわ株主ファーム」のオーナーになる権利が与えられ、一口16,000円でうれしい特典が得られるプランが開始しました。

募集人数は50名様で2月26日(金)に申込必着となっております。
オーナーには今年の夏から秋にかけて契約農家からおいしいお米30kgと野菜(新鮮トマト&とうもろこし)が届けられます。

こちらも、もちろん豊作だったら収穫量に応じた分がボーナスで配布されます!

稲や野菜の生育状況は東川町のホームページから確認できることになっています。
なんだか今から今年の収穫時期のことを考えるとワクワクしてきました♪

まだ株主ではない方はまずは一口1,000円で応援したいプロジェクトに投資してくださいね!

2010/02/02

「道草館」からオンエアー!

この道の駅「道草館」にて毎月第2・第4日曜日の正午から15:00の3時間、FMラジオの公開生放送が行われているのをご存知でしたか?

旭川のコミュニティFM「FMリベール」(83.7MHz)の「奥山コーシンのいっしょけんめい!」という番組です。

番組の名のとおり奥山コーシンさんがパーソナリティを務めています。奥山さんは旭川出身の放送作家で、この放送のために隔週で東京から来ています。

放送内容はこの東川の最新の情報や、話題の人を迎えてのトーク、今週の一品をご紹介したりと内容が盛りだくさんの3時間です。

FMリベールは旭川のコミュニティFMなのですが、インターネットでの配信もしていますので旭川近郊以外にお住まいの方はもちろん海外からでも聴くことができますよ!
http://www.fm837.com/

2月は13日と27日の予定です。
遠くにお住まいのご家族やお知り合いの方にアクセスしていただいて、2週間に1度東川のことを思い浮かべながら聴いてもらえるといいですね。

昨日から東京で雪が降っている様子がテレビで伝えられていますね。
東川では逆に昨日の夜から明け方までずっときれいな月が出ていて、光が雪に反射して明るい夜でした。
午前中は青空が広がっていましたが、これからお天気は崩れてこの冬一番の荒れ模様になるとか。
道草館前の雪だるまは雪に埋もれてしまうかもしれません?!
明日の朝はまた目覚ましのアラームを早めにセットすることになりそうです。