2010/02/16

ひがしかわから、ガンバレ、ニッポン!

2010年2月12日からバンクーバーオリンピックが始まり、テレビのライブ中継を見て寝不足だという方もいるのではないでしょうか?

冬季オリンピックの競技での中でもノルディック距離・複合については、ナショナルチームが旭岳のコースで練習していることもあって、応援には特に熱が入ります。

かつてはリレハンメルオリンピックのノルディック複合で金メダルを取った荻原健司さんも旭岳でトレーニングをしていました。

旭岳はシーズンが長いこと、雪質がよいこと、コースが整っていることから「クロカンの聖地」と呼ばれています。
毎年12月にはナショナルチームのみならず日本全国からジュニアの強化選手や大学の体育会クロスカントリー部などがやってきており、ピーク時には約400人ほどの選手が集まりコースを疾走しています。

今回のオリンピックには夏見 円(なつみ まどか)選手、石田 正子(いしだ まさこ)選手が出場しており、「道草館」にも垂れ幕をさげて応援しています。

夏見選手・石田選手の競技スケジュールはこちらです。
2月18日 女子スプリント
2月20日 女子距離複合
2月23日 女子団体スプリント
2月26日 女子20kmリレー
2月28日 女子30kmクラシカル

両選手とも実力があるのに加え、さわやかな笑顔が印象的な美貌も兼ね備えており、走る姿の美しさには見とれてしまいます。

垂れ幕にもあるとおり、もう1名スノーボードの代表として竹内智香選手も忘れてはいけません。

先日NHKで特集が組まれていたのをご覧になった方もいるかもしれませんが、現在はスイスに活動拠点を移し、ナショナルチームと一緒にトレーニングをしています。

竹内選手は幼少のころに「道草館」から車で5分のキャンモアスキー場で練習をしていたのです。
昨季のワールドカップでは種目別第3位を獲得しており、今回のメダルも夢ではありませんね!

竹内選手の競技スケジュールはこちらです。
2月27日 女子パラレル大回転

がんばれ、ニッポン!