2010/04/14

荒れ模様のひがしかわ

つい2日前にはポカポカな春らしい陽気だったのに、昨晩から強風が吹き始め明け方から雪になってしまいました。
4月12日撮影











4月14日撮影
町は一気にまた冬に逆戻りです。

去年も11月から雪が降り初めていたのでもう5ヶ月も雪が降っていることになります。

もうそろそろ雪とはサヨナラして、かわいい花たちが恋しくなってきました。


この早春だけの特別な出来事といえば、ひがしかわでもよく見られる白樺の樹木から樹液が採取できるのです。だいたい今頃から約1ヶ月の間だといわれています。

白樺の木に穴を開け、一晩すればそこから2リットルもの大量の樹液が取れるとのこと。

幹に傷をつけてもそこはかさぶたのようになるので、また再生するのでご心配なく。


この白樺の樹液こそガムの人口甘味料にも使われているキシリトールであり、透明でさらりとした液体はそのまま飲めばほんのり甘く、沸騰させてコーヒーをいれたらまろやかな味になると言われています。

最近では保湿効果や殺菌効果を利用し化粧水として販売されていることもあります。
今後ひがしかわでも商品開発がされるかもしれません。
いずれ美人だらけの町になるかも!?