2010/06/29

いちごdeきらり 販売開始☆

この数日間は日本のどこよりも暑い北海道。。。
ひがしかわの住宅でクーラーが設置されているところはあまりなく、どこにいっても「パタパタ」とうちわで仰いでいる光景が見られます。
連日30度を超える気温、湿度も80%以上と「北海道らしい初夏」はいったいどこへ???

そんな暑い中にうれしいおしらせです☆
毎年恒例の「いちごdeきらり」が6月26日から販売が開始されました。!

東川産のいちごが採れるこの時期限定の商品で、ファンも多く遠くからお越しになります。

毎年バージョンも変化しており、今年はカップの下には新鮮いちごが、中にはいちごソースとキャラメルクッキークランチが、ソフトの上にはこれまたソースとフリーズドライのつぶつぶいちごに真っ赤な採れたてのいちごが乗っており、最後までウキウキしながら食べることができます。


この「いちごdeきらり」は採れたていちごの入荷数によるものなので、申し訳ございませんが毎日数量が限定されています。


早いときには午前中で売り切れてしまいますので、遠くからお越しになる方や残りの数が気になる方はどうぞ事前にお電話で確認してください。

道の駅ひがしかわ道草館 
TEL:0166-68-4777

どうぞ暑い夏には「いちごdeきらり」でさっぱりとした味わいをお楽しみ下さいね!!

2010/06/24

のりゆきのトークde北海道「東川特集」 順調に撮影中!

ひがしかわの観光大使といえば水野悠希さんですが、
http://michikusakan.blogspot.com/2010/03/blog-post_23.html

その水野さんが出演している人気の番組「のりゆきのトークDE北海道」がひがしかわのあちこちを現在取材中です。
http://uhb.jp/program/official/talk/talk_top.html
番組で「東川特集」をしていただけるとのことで、本日・明日と町内と旭岳の撮影をしています。
今回はギャラリー・カフェ・ベーカリーなどの人気スポットと、高山植物が見ごろを向かえつつある旭岳・姿見の池周辺が取り上げられる予定です。

水野さんのお気に入りのスイーツショップ「ゝ月庵」(てんげつあん)さんも今回登場いたします。

おいしそうなケーキがたくさん並んだショーケースや、オススメの「もちもちーふぉん」にカメラが向けられていましたよ。

その後「北写人」さん、「しのぱん」さんも撮影があり、みなさん笑顔で対応されていました。


今日の午前中は大雨で地面も濡れていましたが、昼過ぎから明るくなり夕方からは明るい日差しが差し込みました。


明日は旭岳で撮影の予定ですが、お天気は快晴の予報で撮影も順調に行われるはず♪

この様子は6月28日(月)9:55からのUHBテレビ「のりゆきのトークde北海道」で放送されます。
どうぞみなさまご覧ください!!

2010/06/22

第52回旭岳山の祭り ヌプリコロカムイノミ

19日20日に行われた第52回旭岳山の祭りは、うす曇りながらも雨に降られることはなく無事に終了いたしました。

今年は19日11:00から「Earthday Ezo」のイベントからはじまりました。

野外での講演では真剣にメモを取って話を聞いている方も多く、非常にためになるお話ばかりでした。

その後旭岳ロープウエイ姿見駅にて登山の安全祈願祭があり、東川町長の松岡町長他関係者が参加のもとで厳かに行われました。

17:30からは飲食コーナーがオープンし、おなかがぺこぺこの「愛護少年団」のみんなが押し寄せ、賑やかにジンギスカンのBBQを食べていましたね。

そしてメインのヌプリコロカムイノミは約200名のたいまつ行進をし、大きなキャンプファイヤーに皆で火をともせば一気にお祭りモードに!

アイヌの方々による祈祷・ムックリ演奏・唄・舞踊などが次々と披露され、最後には観客の方も一緒に輪になって踊り、会場が一体になって特別なひとときが流れました。


このお祭りは花火があったり派手な音楽が流れたりすることはありません。
ただし明るいうちは鳥のさえずりや木の枝が風で揺れる音、夜はキャンプファイヤーのパチパチと燃える音が聞こえ、自然に感謝し自分と向き合える特別なお祭りです。

今年も一年旭岳にお越しになるみなさま及び山岳・温泉地区関係者の安全と健康をお祈りいたします。

2010/06/19

旭岳 山の祭り開催です!


本日6月19日は第52回山の祭りが行われています。

東川町内は朝から気温も高く、日中は30度の予報でしたが、旭岳はそよ風もふいていて爽やかな陽気です。

今日は11時からアースデイイベントも行われ、今はちょうどアイヌの文化についての講演が行われています。





旭岳青少年野営場は心配された残雪も解け地面もかわいています。





これから地元のガイドさんによる講座があり、夕方からはメインのお祭が始まります。

野営場は旭岳を正面にメインの道路から右折して下さい。


一年に一度の貴重な一日を旭岳でお過ごし下さい。
お待ちしております。

2010/06/16

旭岳 山の祭りのご案内②

今日は久しぶりに小雨が降り、農作物にとっては恵みの雨になりました。
気温も20℃まで下がり、とても過ごしやすい朝です。

山の祭りまであと3日となり、準備は着実に進められています。
例年は夕方からのお祭りでしたが、今年は昼間もアースデイのイベントがあることもあり、いつもより多くの方が関わってそれぞれ作業をしています。

まずはお祭りに来る方を気持ちよくお迎えするため、6月8日にはみなさん協力して旭岳地区の清掃がありました。
http://higashikawapu.blog21.fc2.com/blog-date-20100608-2.html

その後メイン会場となる野営場も6月12日に正式にオープンし、18日からは祭りの準備のためテントなどが運ばれる予定でいます。

6月19日(土)は11:00からプログラムがスタートになり、まずはアースディイベントとして自然とふれあい工作体験ができるコーナーに参加できます。

今回はバードコールとミツロウキャンドルを自分でつくろうというプログラムがあります。

バードコールとは木の枝を利用して鳥の鳴き声に似た音を出すことができるおもちゃのようなものです。
ミツロウキャンドルとは、ミツバチが巣を作るときに出すワックス状のものを利用してキャンドルとして固めたものです。

どちらも簡単に作れますので、気に入ったら家でも材料をそろえて別の型のものを作ったりもできますよ。ぜひこの機会に参加して作り方を覚えて帰って下さいね!

そして今回は展示のコーナーもあり、「アイヌの衣装と絵本」「大雪のお花畑を守ろう・外来生物セイヨウオオマルハナバチの駆除活動のパネル」「ヌプリコロカムイノミ記念バッジ」「大雪山山開き縦走登山会記念バッジ」なども飾られます。

「ヌプリコロカムイノミ記念バッジ」については以前お祭りを記念して関係者に配布されていたものです。古いものは1972年のものからありますので、とても貴重な記録をどうぞご覧下さい。
また同時に旭川山岳会よりお借りした「大雪山山開き縦走登山会記念バッジ」も大きな額に入って展示されます。こちらも古くは1959年のものからご覧いただけます。

他にも見ごたえがあるものばかりですので、どうぞお昼からゆっくり旭岳にお越しください。

2010/06/14

パワースポット 羽衣の滝へ

今日も真っ青な空のひがしかわ。
初夏というよりも真夏のようなお天気です。

6月1日より天人峡の羽衣の滝への遊歩道が正式に開通になりました。

この時期といえば大雪山の雪融け水が一気に流れ込み、滝の幅も広くまさに羽衣をひるがえしたかのような様子を見ることができるのです。

滝までの約10分の遊歩道はどこを見ても新緑があふれ、崖を見上げると岩清水も滴り落ちています。

そんな景色を見ながら、そして横を流れる川の音を聞きながらのんびりと木陰を歩いていくと、木の橋が見え、それを渡りきったところに美しい滝が忽然と現れます。

この羽衣の滝の素敵なところはビューポイントにきて初めてその華麗な姿の全体を見ることができるところではないでしょうか。

そこにはログのベンチも設置されており、腰掛けて滝全体を眺めていたら時間がたつのを忘れてしまいそうになります。

森林浴だけでなくマイナスイオンも同時に浴びて、遊歩道の復路はすっかり気分もリフレッシュしているはずです。

リフレッシュといえば、天人峡地区の宿泊施設ではいずれも日帰り温泉が利用できます。
滝を見た後はぜひ温泉につかってさらにゆったり。
日ごろのストレスなんてどこか遠くに行ってしまいますよ~♪

2010/06/11

アイヌ料理講習会 自然を食すということ

昨日食の魅力アップセミナーが開催され、今回は旭川のアイヌ記念館副館長の川村久恵さんが講師としてお越しになり「アイヌ料理」についての講習と実演が行われました。

今回は「鹿肉のスープ」「イナキビごはん」「山菜のてんぷら」が献立となり、そのつくり方の説明を受けながらグループに分かれて料理をしました。

山菜のてんぷらについては、「ウド」「ヨモギ」などをイメージしていましたが、今回はその他にも「イラクサ」「ヤチブキ」「ニリンソウ」「ヒトリシズカ」などあまり聞きなれないものも揃えられました。


「こんな葉っぱが食べられるのか?」と恐る恐る口にしてみましたが、ほろ苦い大人の味のてんぷらのおいしさに驚き、感心しました。

「現代では一年中豊富な食材が手に入るが、自然のものを生かして料理をし食す。神々を敬い自然に抱かれて暮らしてきたアイヌにとって、ものがない時代に味わうことができた豊かさがあった」
と今回の研修資料にはありました。

自然に感謝して食事をするということを、あらてめて実感した一日でした。
ご馳走さまでした。


今回の山の祭りでは旭岳温泉の宿泊施設のシェフが「アイヌ料理」をテーマとして「鹿肉シチュー」「石狩鍋」などを祭りのために特別に調理し提供いたします。(各300円~)

この機会にそれぞれを食べ比べてみてはいかがでしょうか?

そして山の祭りのメイン会場である「旭岳青少年野営場」ですが、明日6月12日(土)より正式にオープンとなります。

まだ雪が残っている場所も多くあり、足元がぬかるんでいる箇所もありますので、水を通さない靴をオススメいたします。

2010/06/09

旭岳ロープウエイ リニューアル10周年でうれしい特典!

今日はちょっと曇りのひがしかわ。
6月のこの時期に湿気をまったく感じることなく、とても爽やかな初夏を過ごしています。
北海道ならではの特権ですねー♪

ところで旭岳ロープウエイからうれしいお知らせが届きました!

今年は旭岳ロープウエイがリニューアルしてから10周年となり、地元のみなさまに特別企画が発表されました。

地元とは東川町とお隣の旭川市・東神楽町にお住まいのかたを指しますが、期間中ロープウエイ往復料金がなんと1,000円なのです☆

期間は6月15日(火)~7月4日(日)と8月1日(土)~8月15日(日)の2回です。

この時期にはちょうど山の祭り(6月19日)も開催されたり、夏休み・お盆休みがあったりして利用するには最高の期間です。

今まで旭岳には登ったことがないという方はもちろん、この期間に何度も登って旭岳を極めたい!という方もこのチャンスを逃すことなく旭岳ロープウエイをご利用下さい。

(詳細)
期 間 
①平成22年6月15日(火)~7月4日(日) 
②平成22年8月1日(日)~8月15日(日)
対 象
東川町民・旭川市民・東神楽町民の方
料 金
大人(中学生以上)往復 1,000円/小人(小学生以下)往復 無料
*対象のお客様は、窓口にて各市町在住を証明できる公的証明書(身分証明書)の提示が、お一人様一枚必要となります。

お問合せ: ワカサリゾート株式会社 旭岳事業部 TEL 0166-68-9111
http://wakasaresort.com/asahidakeropeway/topics/10th/index.htm


そして残念ながら今回該当しない市・町の方はいっそのこと「移住」してみてはいかがでしょう?!

東川町に住むと最初にお伝えしたとおり湿気がないことはもちろん、今回のように地元の恩恵が得られたり、子ども手当ては日本で一番早く6月1日に支給されたり(他6町村同日)と、いいところばかりで書ききれません!

東川町について江戸川大学の教授が書いたレポートがありましたので、こちらからこの町の良さをお読み下さい。
http://www.wagamachigenki.jp/suisho/su_01_0405_01.html

東川町移住・定住情報はこちら
http://town.higashikawa.hokkaido.jp/settlingdown/migration/index.htm#anchor07

2010/06/07

旭岳 山の祭りのご案内①

本日も快晴のひがしかわ。

道草館の前のとおり(道道旭川旭岳線)には樽型のプランターが置かれ、パンジーなどの花が植えられています。

もうしばらくすれば花もきれいに咲きそろって、さらにきれいな町並みが楽しめることでしょう。

ところで旭岳で行われる山の祭りまであと2週間を切りました!

今年は第52回を迎える歴史のある祭りなのですが、これまでは旭岳に関わる方々を中心に登山の安全祈願などが行われていました。

今年はそのお祭りを幅広い皆さんに知っていただき、参加していただけるイベントにしていきたいと実行委員会を立ち上げました。

東川町内の方は広報に祭り内容が紹介されていましたが、それ以外の地域の方には今後新聞・フリーペーパー・ラジオなどで紹介される予定ですので、チェックしてくださいね!


今日こちらでご案内するのは、祭り2日目に行われる「ネイチャーガイドと歩く旭岳姿見のトレッキング-山開き!初トレッキング-」です。

こちらは山開き翌日に旭岳をよく知るガイドと一緒に姿見周辺を歩きましょうというプログラムで、今年はまだ残雪もかなり残る姿見周辺ですが、地元のプロのガイドはどこにお花が咲いてるかをちゃんと教えてくれます。

こちらは申込みが必要なのでご興味のある方はぜひお問合せ下さい。

「ネイチャーガイドと歩く旭岳姿見のトレッキング-山開き!初トレッキング-」
8:50am 旭岳ロープウエー山麓駅集合 ~12:00まで
参加料:3,000円(保険料込) ロープウエー代は各自負担となります。

お申込み先
大雪山 旭岳山の祭り 実行委員会事務局(東川町観光協会)
℡;0166-82-3761

2010/06/03

関西人いらっしゃい!!

今日は小雨のひがしかわ。

さて今年の夏は関西と旭川を結ぶ空の便が就航されており、関西の方は北海道で爽やかな夏を過ごすチャンス到来です!


各社の就航についてご案内いたします。
ANA 関西空港-旭川空港便 6月1日~9月30日
関西13:30発⇒旭川15:35着 旭川16:15発⇒18:50着
*金色のラインの特別な機体でのフライトです☆

JAL 伊丹空港-旭川空港便 7月16日~8月29日
伊丹15:20発⇒旭川17:15着 旭川17:50発⇒19:50着

SKY 神戸空港-(新千歳経由)-旭川 
〈7月9日~7月15日 1便〉
神戸8:30発⇒(新千歳)10:25着/11:00発⇒11:30着
旭川12:05発⇒(新千歳)12:35着/13:10発⇒神戸15:05着
〈7月16日~8月31日 2便〉
神戸8:30発⇒(新千歳)10:25着/新千歳11:00発⇒旭川11:30着
旭川12:05発⇒(新千歳)12:35着/13:10発⇒神戸15:05着

神戸14:50発⇒(新千歳)16:45着/17:20発⇒旭川17:50着
旭川18:25発⇒(新千歳)18:55着/19:30発⇒21:25着

今年の夏はひがしかわに関西からの明るい声と元気な笑い声が聞こえてくることを期待しています!

ところでANAのサイトにこんなページがあるのをご存知ですか?
「空から見た景色」についてのご案内のページで、飛行路線の窓から見ることのできる景色を紹介しています。
関西から旭川に来る場合は右側の窓から中央アルプスや十和田湖が見えるとか。
搭乗前にチェックすれば、旅の楽しみもまたひとつ増えますね♪
http://www.ana.co.jp/dom/airinfo/viewpoint/kix-akj.html