2010/06/16

旭岳 山の祭りのご案内②

今日は久しぶりに小雨が降り、農作物にとっては恵みの雨になりました。
気温も20℃まで下がり、とても過ごしやすい朝です。

山の祭りまであと3日となり、準備は着実に進められています。
例年は夕方からのお祭りでしたが、今年は昼間もアースデイのイベントがあることもあり、いつもより多くの方が関わってそれぞれ作業をしています。

まずはお祭りに来る方を気持ちよくお迎えするため、6月8日にはみなさん協力して旭岳地区の清掃がありました。
http://higashikawapu.blog21.fc2.com/blog-date-20100608-2.html

その後メイン会場となる野営場も6月12日に正式にオープンし、18日からは祭りの準備のためテントなどが運ばれる予定でいます。

6月19日(土)は11:00からプログラムがスタートになり、まずはアースディイベントとして自然とふれあい工作体験ができるコーナーに参加できます。

今回はバードコールとミツロウキャンドルを自分でつくろうというプログラムがあります。

バードコールとは木の枝を利用して鳥の鳴き声に似た音を出すことができるおもちゃのようなものです。
ミツロウキャンドルとは、ミツバチが巣を作るときに出すワックス状のものを利用してキャンドルとして固めたものです。

どちらも簡単に作れますので、気に入ったら家でも材料をそろえて別の型のものを作ったりもできますよ。ぜひこの機会に参加して作り方を覚えて帰って下さいね!

そして今回は展示のコーナーもあり、「アイヌの衣装と絵本」「大雪のお花畑を守ろう・外来生物セイヨウオオマルハナバチの駆除活動のパネル」「ヌプリコロカムイノミ記念バッジ」「大雪山山開き縦走登山会記念バッジ」なども飾られます。

「ヌプリコロカムイノミ記念バッジ」については以前お祭りを記念して関係者に配布されていたものです。古いものは1972年のものからありますので、とても貴重な記録をどうぞご覧下さい。
また同時に旭川山岳会よりお借りした「大雪山山開き縦走登山会記念バッジ」も大きな額に入って展示されます。こちらも古くは1959年のものからご覧いただけます。

他にも見ごたえがあるものばかりですので、どうぞお昼からゆっくり旭岳にお越しください。