2010/07/14

旭岳が楽園になる時期

今がトップシーズンを迎えている旭岳。
大型バスが日本全国から来た多くのお客様を乗せてやってきます。
ここ数日はなかなか安定しないお天気でしたが、昨日はおとといの強風と雨のおかげ(?)で空気が澄み渡り、旭岳は頂上まではっきり見ることができました。

旭岳の姿見の池園地と呼ばれる旭岳の1600m地点にあるトレッキングコースは旭岳ロープウエイに乗って10分で到着します。

この姿見の池園地では多くの種類の高山植物を見ることができることで大変人気があるスポットです。
その時期によって見ごろの花は異なるのですが、今現在は「チングルマ」「エゾコザクラ」「イワブクロ」などをご覧いただけます。

高山植物は通常お花屋さんで見かけるような華やかなものではなく、1輪が3cmほどの大きさの繊細なものがほとんどです。

そんな小さな花たちですが、1600mの高地で力強く咲く姿からは生命力を感じることができ、見る側に感動を与えてくれます。
そしてそれが自分の目の前一面に咲いていたとしたら、それは楽園と例えられてふさわしい場所だと言えるでしょう。



このお花畑を見たくても、お天気が悪かったり、開花の時期がずれてきれいなお花が見れないかもしれません。もしそうだったとしても、再挑戦する価値は絶対にあります。
この高原植物の時期は短いからこそ人々を魅了するのです。
ぜひ一度は自分の目で楽園を見に姿見の池園地までお越しください。