2010/10/04

紅葉時期の大雪山を歩こう!

紅葉の見ごろを迎えた旭岳温泉へ、今回は環境省自然保護管事務所と
東川町が主催となり開催された自然観察会、
題して「紅葉時期の大雪山を歩こう」に参加してきました。

今回のコースは旭岳温泉より天人峡温泉へ登山というか
下山?するコースです。
(旭岳温泉は標高約1100メートルで天人峡温泉は標高約700メートル)

こちらのコースは山頂とは関係ないことと、縦走することになるので
交通の関係上あまり利用される方が少ないコースですが、見どころはあります。

まずは先日インタープリターおーくんが紹介していたひかりごけ
登山コースに入ってすぐでしたので、ここまででしたら気軽に見れるかも

そして期待していた紅葉は色付きも良く天人峡まで続いていました。

道中の天気は曇りだったのでメインのひょうたん沼では残念ながら
沼に映る旭岳は見れませんでしたが奇麗な紅葉を見ることが出来ました。

そして昼食の休憩場所ではこんな絶景が!
写真に左に見える滝は敷島の滝、そして右に見えるのは見かえり岩です。
どちらも見上げたことはありますが、見下ろすのは初めてで思わず
息をのんでしました。
そして急な登山道を1時間ほどかけて降り、無事に天人峡に到着しました。

天人峡でも紅葉は始まっており、10月の連休には見ごろを迎えるでしょう。
また、この連休にあわせ、10月6日にUHB「のりゆきのトークDE北海道」で
東川特集が放映される予定です。
※今回の登山に関しては、ガイドや引率が複数名おりましたので問題なく
登山を終えましたが、このコースは道が急で羆もよく出没することから
単独での登山は危険を伴います、出来ればガイドを付けるか複数名で
行動するようにしてください。