2011/01/07

ひがしかわ氷まつりのご案内 準備進行中①

今朝の全国ニュースでは札幌が大雪だという映像が流れていましたが、ここ東川も超大雪です!

一日は「雪かき」をすることから始まる北海道の冬。北海道では「雪かき」を「雪を投げる」といいます。
この作業のおかげでお正月でなまった体も鍛えられそうです。

雪投げ作業は大変ですが、スキー場やスノーアクティビティ関係の方には待ちに待った雪。

まもなく開催の「ひがしかわ氷まつり」も雪がなくては始まりません!

ちびっこに大人気の大スライダーも、おとといまでは遠くの場所から雪を運んでいましたが、昨日から積もった雪で作業もどんどんはかどっていきます。

道草館の前には大氷像を設置するための土台が作られています。
スタッフの方はもう何年もやっているとはいえ、プロの技で雪をかき集め、押し固め見事にあっという間に土台が完成していました。

これから一般のチームによる雪像づくりも始まりますので、「どんどん、雪よフレフレ~♪」と願う氷まつり実行委員会でした。

今年の氷まつりは1月15日(土)~17日(月)に開催されます。
詳細はこちらです。

□□□ 第37回 ひがしかわ氷まつり □□□
期間 1月15日(土) 前夜祭 14:00~22:00 
             花火大会 19:00~ 
    1月16日(日) 本祭り  9:30~21:00 
             スノーラフティング、ラリーゲーム、コンサートなど
    1月17日(月) 後夜祭 16:00~21:00 
             ライトアップ
場所 羽衣公園とその周辺

15日16日は売店であたたかい飲み物や軽食も販売されます。

期間中、薄暗くなるころにアイスキャンドルに明りがともり、美しいプロムナードを造り出します。

また氷土会(ひょうどかい)が大きな氷の塊を丹念に彫って制作した芸術的な氷彫刻も数か所に並びます。

お問い合わせ 氷まつり実行委員会(東川町観光協会) ℡0166-82-3761