2011/11/03

あたたかい休日とラトビアスイーツ

11月に入ってから穏やかな晴天の日が続いています♪

「文化の日」の今日も窓の外には濃い水色の青空が見え、気温は12℃と11月とは思えないほどの温かい休日です。

東川町の中心部でも紅葉は終盤に近づいており、今日あたり庭木に冬囲いをされている方も多いのではないでしょうか。

道草館にはバスツアーのお客様が次々とお越しになり、館内は人・人・人の場面も見られました。

北海道の行楽シーズンももうあと少し。旭岳ロープウエイも11月11日~12月10日は整備運休となります。

それが終わるころには雪のシーズン本格的に到来っ!
今年はどんなスノーアクティビティにトライしようか、現在思考中です♪

さて、話は変わりますが、みなさんラトビアという国はご存じでしょうか?

バルト三国の1つで、国全体の面積がこの北海道よりも少し小さい国です。

このラトビアの都市のひとつに「ルーイエナ」という町があるのですが、このルーイエナと東川町は平成20年に姉妹都市になり、それ以降交流を深めています。

そのルーイエナにあるアイスクリーム工場の責任者の方が今年の夏に東川に来た際に、あるお菓子を紹介してくださいました。

それは「カッテージチーズ」をチョコレートでコーティングしたもので、ラトビアでは「カルムス」というブランドのものが人気があり、どこのスーパーでも見かける商品だということ。

このお菓子と似たものがハンガリーでは「トゥーロルディ」ロシアでは「スィローク」という商品名で販売されており、同様に大人気のスイーツだとか。

このラトビアンスイーツが、このたびルーイエナアイスクリーム工場から直送され関係者を対象にさっそく試食会が開催されました☆

今回は「プレーン」「ラズベリー」「クランベリー」「チョコレート」の4種類が届き、ランダムに試食していただきその感想をお聞きしました。

もしこのスイーツが東川で受け入れられるなら、ルーイエナからレシピをもらってこちらで再現すしよう!というプロジェクトとして現在進行中なのです。
結果としては外国製のお菓子は苦手という意見が大半ではと予想していましたが、7割以上の方が「おいしかった」と答えており、驚いた反面とても嬉しい結果に♪

来年にはこのラトビアスイーツ、アレンジをしたものが東川に登場するかもしれませんので、どうぞお楽しみに~☆