2011/12/21

冬の晴れた日は迷わず旭岳へGO!

今日は寒い、寒い、寒いと何度も言ってしまうほど、本当に冷え込んでます。

お天気は朝から快晴で、日差しが雪に反射して眩しくて目が開けられないほどです。

そんな寒い中、お隣のモンベル建築工事は順調に進んでいおり、大型の重機が忙しそうに動いています。

本格的な作業が進められており、作業員の方の大きな声が聞こえてきます。
作業の方々、どうぞ風邪をひきませんように。

この良いお天気は昨日から続いており、ちょうど昨日はテレビの取材があったのですが絶好の撮影日和となりました♪

旭岳に行くまでの道のりは、国立公園内に入ってから上り坂が続くのですが、道路脇の木々はどれもクリスマスツリーのようにかわいく雪化粧しています。
そして旭岳温泉に入る大きなカーブを抜ければ、そこには真正面に真っ白な旭岳が出現し、テンションはMAXになります↑↑

この青空と真っ白な旭岳を見て感激しない人はまずいないでしょう!!!
天気予報で「明日の東川は晴れ」となっていたら旭岳に向かい、この景色を自分の目で見て感動を味わってください☆☆☆

昨日の撮影はテレビ北海道で毎週日曜日11:30から放送中の「経済ナビ」の特集として「旭岳」でのスノーシュー体験を取材していただきました。放送日程は確定したらお知らせいたしますね。

旭岳は大雪山国立公園内にあるため、貴重な植物が多く大事に保護することが必要です。

そのため夏山では歩行できるエリアが厳重に決められているのですが、植物が雪の下に深く埋まってしまう冬は雪の上を自由に歩くことができるのです!

お天気が良かったので姿見駅から45分ほどスノーシューで歩いたところにある噴気孔へガイドさんと一緒に向かいました。

その様子は同行したインタープリターのブログ「森かふぇ」でご覧ください~。