2012/01/18

氷まつりの準備 着々とすすんでます!

この数日、テレビのニュースでは北海道が大雪だと伝えていますね。

友達や知り合いから「そちらは大丈夫?」と連絡があったりしますが、この東川町は「ちょっといつもの年よりは多いかなぁ?」ぐらいで、日常生活にはまったく問題ありません。

今日は朝から薄く青空ものぞいています。

そんな空の下、羽衣公園では週末に行われるひがしかわ氷まつりの準備が進められています。

毎年会場の入口には大きな氷の像が飾られみなさんをお迎えするのですが、その彫刻も氷土会(ひょうどかい)の会員さんの手で掘り進められて、今年は干支の「辰」が姿を現してきましたよ。

外の気温は晴れているとはいえマイナス5℃ぐらいのなか、時間をかけて作業をする姿は勇ましいです!

そして今日から一般の方による雪像作りもはじまりました。

この雪像は今年は14基の雪像がエントリーされており、全体のバランス、完成度、人気度などが審査され、本祭りの22日12:00にその結果が発表されます。

今朝から学生のグループがさっそく会場にやってきて、みんなで相談しながら雪像づくりをはじめていましたよ。

優勝チームには賞状と1万円の商品券が贈呈されます。

職場仲間のチームだったら、受賞祝いの打ち上げ会の乾杯に使えそうですねぇ(笑)

私たちもひがしかわ観光協会チームで今晩は雪像づくりをしますよ★

寒さに負けず、がんばるぞーー!